1. トップページ
  2. >
  3. トップページ
  4. >
  5. モールス通信とは?

無料査定・お問い合わせ

新品・中古の無線機を現金にて高額買取させて頂きます。

営業時間 10:00-17:00 土日祝定休
※無料査定フォームからの買取査定依頼は年中無休(365日24時間)受付

モールス通信とは?

モールス通信とは?

モールス通信

モールス信号は、長点、短点、空白だけで文字や数字を表す、通信用の信号です。アルファベットや数字、ひらがななどに一つづつ信号のパターンが割り当てられており、簡単な装置で電波のコンディションが悪い場合でも通信が可能なので、携帯電話やその他の通信手段が発達した現在でも使われています。

発端はサミュエル・フィンレイ・ブリース・モースが、1832年に電信用に開発したということです。モールスの語源は彼のファミリーネーム「Morse」に由来しています。ただしモースの開発したのは今とはかなり異なるパターンでした。

その後1906念に「SOS」が世界共通の避難信号として採択され、1908に正式に採用されました。現在使用されている符号は1926にベルリンの会議にて決定されたものが基準となっています。

主に船舶や軍事、漁業、郵便電報などで用いられてきましたが、3級以上のアマチュア無線技士でも使うことができます。いろいろなコード化通信方式がありますが、アマチュア無線ではCWがほとんどです。また今後も継続していくものと思われます。

打ち方は短点「・」を起点として、長点は短点の3倍の長さ、文字間は短点3つ分、単語間は短点7つ分空けるなどのルールがあります。ただし避難信号の「SOS」だけは別で「・・・ --- ・・・」(トトトツーツーツートトト)と、間隔を開けずに表します。

アマチュア無線でモールス通信を行うには、まずアマチュア無線技士3級以上の資格を取得する必要があります。3級は基本的な問題のペーパーテストだけですが、実際に運営するにはさらにQ符号や略号などの習得が必要です。

試験に合格したら機器を揃えます。短波帯の無線機ですとほぼモールス通信に適合しています。機器が整ったら開局申請を行ってコールサインを取得できます。その後はいつでも通信を始められます。

便利な現代の通信手段ではなく、あえてモールス符号の習得をし、通信を行う楽しみは格別です。以前は必要不可欠の通信手段でしたが、アマチュア無線の世界では、現代では趣味として多くの方に楽しまれています。

そのような中で不要の無線機器をお持ちの方は、ぜひとも弊社の買取のご利用をおすすめします。専門機器のため、一般のリサイクルショップでは値段がつけにくく買取拒否をされることもあります。弊社では無線機を専門に取り扱うスタッフがおりますので納得のいく査定価格を提示させていただきます。査定にかかる費用は一切無料です。ご不明な点はなんなりと弊社スタッフまでお問い合わせくださいませ。

当店の宅配買取の安心ポイント

お客様が安心して買取できるよう、様々なサービスを実施しています。

宅配買取の安心ポイント
  • 宅配買取なら日本全国対応
  • 事前に買取予定額を提示
  • 最短で即日入金
無線機買取ドットコム 無線機買取
高価買取のポイント

宅配買取の手順

簡単、3ステップで買取が完了します。まずはお気軽にお問合せ下さい。

宅配手順1
①査定依頼・買取依頼簡単無料買取査定フォームから売りたい商品についてお知らせ下さい。専門のスタッフが現在の相場などから適正金額を算出し、ご連絡します。
宅配手順2
②買取予定金額確認・梱包・発送金額にご納得いただいたら、商品と必要書類をお送りください。
※ご希望なら、宅配業者による集荷も可能です。
宅配手順3
③買取金額確定・お振込み実際の商品を検品させていただき、最終買取金額をご連絡します。最終買取金額をご了承なら、代金を送金いたします。