無料査定・お問い合わせ

新品・中古の無線機を現金にて高額買取させて頂きます。

営業時間 10:00-17:00 土日祝定休
※無料査定フォームからの買取査定依頼は年中無休(365日24時間)受付

受信機とは?

受信機とは?

受信機とは?

受信機というと、電話やラジオなどを思い浮かべるでしょうが、無線機にも受信機が取り付けられています。受信機というのは、名前の通りに信号を受信してその情報を復元して伝える機械です。この逆の役割を担っているのが送信機になります。では、受信機というのはどのような構造になっているのでしょうか。受信機は基本的にアンテナによって電波を受信するのですが、昔は見てわかるようなアンテナが主流でした。現在では内部アンテナが多いので、直接見えるわけではありません。

まずはアンテナから電波を受信すると、高周波増幅器で信号の選択や増幅を行います。別名低雑音増幅器とも呼ばれているのですが、この高周波増幅器から周波数変換器へと信号が送られます。周波数変換器には大きく分けると2種類あり、局部発振器と混合器が存在しているのです。受信信号を低い周波数に変換するために用いられています。周波数変換器から今度は中間周波増幅器へと贈られます。この中間周波増幅器によって、実際に聞き取れるような音に変えてくれるのです。

しかし、この状態ではまだ実際に音を聞き取ることはできません。さらに復調器で復調機能を整える作業を行わないといけないのです。別名検波器とも呼ばれているのですが、ここから低周波増幅器へ送られ、実際に人間の耳でしっかりと聞き取れるようなレベルまで調整を行います。このような流れで受信機というのは成り立っているのですが、これはアナログ時代の受信機の構成になっています。

このような構成はスーパーヘテロダイン方式と呼ばれているのですが、他にもいろいろな構成をしている受信機が存在しています。ストレートやレフレックスなどがよく知られているでしょう。そんな受信機にはいろいろな種類が存在しているのですが、種類がたくさん存在しているということは、値段の高い種類や安い種類の物も存在しています。受信機を単品で購入することもできるので、実際購入した経験があるという人もいるでしょう。

最近は災害がとても多くなっているので、火災報知機などにも受信機が取り付けられているのです。火災報知機に取り付けられている受信機は、R型受信機とP型受信機が存在しており、役割が異なっています。このように受信機というのは現在なくてはならない物なのですが、比較的簡単に購入することもできますし、個人でも保有しているという人が多いでしょう。今後もどんどん新しい受信機が登場する可能性が高くなっています。

>>受信機について詳しく!

当店の宅配買取の安心ポイント

お客様が安心して買取できるよう、様々なサービスを実施しています。

宅配買取の安心ポイント
  • 宅配買取なら日本全国対応
  • 事前に買取予定額を提示
  • 最短で即日入金
無線機買取ドットコム 無線機買取
高価買取のポイント

宅配買取の手順

簡単、3ステップで買取が完了します。まずはお気軽にお問合せ下さい。

宅配手順1
①査定依頼・買取依頼簡単無料買取査定フォームから売りたい商品についてお知らせ下さい。専門のスタッフが現在の相場などから適正金額を算出し、ご連絡します。
宅配手順2
②買取予定金額確認・梱包・発送金額にご納得いただいたら、商品と必要書類をお送りください。
※ご希望なら、宅配業者による集荷も可能です。
宅配手順3
③買取金額確定・お振込み実際の商品を検品させていただき、最終買取金額をご連絡します。最終買取金額をご了承なら、代金を送金いたします。