無料査定・お問い合わせ

新品・中古の無線機を現金にて高額買取させて頂きます。

営業時間 10:00-17:00 土日祝定休
※無料査定フォームからの買取査定依頼は年中無休(365日24時間)受付

真空管無線機

真空管無線機の買取

真空管無線機買取

真空管無線機は無線通信機器の一種ですが真空管を使っていることもあり、音がきれいに聞こえるというメリットがあります。
そんな真空管無線機を当店では買取りしております。
真空管無線機をお持ちの方で以前趣味に使っており、今は使わなくなった場合や業務用に使っていたものが不要になった場合は一刻も早くお売りください。
早くお売りいただきますと高い査定額をお付けいたします。
かなり古い製品でも使える場合には買取りの対象となる場合もありますのでお問い合わせください。
実際に真空管無線機をお売りいただく際にはまず本体のメーカーや使用年数、そして型番などのご確認をお願いします。
説明書がある場合にはそちらのほうに掲載されてますし機器に型番を記載したシールを張り付けている場合もあります。
真空管無線機の動作確認はお忘れなくお願いいたします。
真空管無線機を購入したときについてきた付属品などもあれば一緒にお付けください。
こちらも査定の対象となりますので高額査定を求める方はお忘れなくお持ちください。
また説明書もあればお持ちいただきますと高額査定をさせていただきます。
古い機器の場合は汚れやほこりなどがついている場合もありますがそちらもきれいにしていただきますと高額査定が望めます。
使わなくなったものは一刻も早くお売りください。作動しないものでもほんの少しのメンテナンスでうごく場合もあります。
しかし明らかに動かない故障したものは買取り不可ですのでご了承ください。

真空管無線機の買取を利用したお客様の体験談
真空管無線機買取 体験談

真空管無線機の高価買取のポイント

使用頻度が低いほど高額査定が出やすくなりますが、真空管無線機は古くても骨董品
としての価値があるものもあるので、そのような商品にはかなりの買取金額が付きま
す。
買取りに出す前には、表面だけではなく細部までキレイに掃除することで買取金額を
アップさせることができます。
無線機には購入時に取扱説明書や保証書の他にも付属品ついてくるので、それらが全
部揃っていることでプラス査定になります。
元箱が残っている場合も査定金額がアッ
プします。

真空管無線機の査定の申し出と違う事例

・古いけれどもメンテナンスは欠かさず行っていたと聞いていたが、その形跡はな
く、電源を入れると異音が発生する状態だった。
・コード類に損傷があり、そのままでは使用できなくなっていた。
・故障は一度もしたことがない美品とのことでしたが、修理をした跡があり、本体に
も細かい傷がたくさん付いていた。
・スイッチ類が正常に作動しなくなっていて、ダイヤルは渋くてスムーズに回せなく
なっていた。
・キレイにすると言っていたが、表面だけを磨いて細部にはゴミが詰まっていた。

真空管無線機を売却された方の体験談

機能を使いきれていないのでダウングレードしたいという理由で真空管無線機を売却した体験談
私は最近新しい真空管無線機を購入しました。新しいモノだと使いやすいと思っていたのですが、機能を使い切れないのでダウングレードしたいと考えておりました。今度は使いこなせる製品を買おうとかんがえております。
古くなったので買い替えたいという理由で真空管無線機を売却した体験談
私は先日、無線機買取ドットコムさんに、真空管無線機を売却しました。初めての体験でしたが、スタッフの方が親切で気持ちよく売却することができました。古くなったので新しいものに買い替えたいと考えていて、売却できてよかったです。
1年使っていないという理由で真空管無線機を売却した体験談
私は長年使っていた真空管無線機を一年使っていなかったので売却することにしました。結構長いあいだ使っていて愛着もあったのですが一年も使っていないならいらないと判断しました、今度の持ち主も大事に使ってくれる人だといいと願っております。

主な買取対応メーカーアイコム・八重洲無線・松下電器産業・トリオ・ユニデン・新日本電気・フロンティア・スター・DELICA・三和無線測定研究所・ドレーク・コリンズ など

高価買取の前に!

●メーカー名、型式、購入年月、ご使用期間、付属品の有無をご確認ください。
●買取り前に無線機を清掃頂けますと査定UP
不具合の有無
音がこもったり雑音が混じってはいませんか?

周波数を合わせても音が聞こえなかったりしませんか?

合わせた周波数がQRHを起こして落ちたりしませんか?

入出力がふらついたり不安定ではありませんか?

線を連結しても反応がなかったり、正常に稼働しないことはありませんか?
真空管無線機 反応なし
本体にキズやコーティングの剥がれ、ヒビなどはありませんか?

周波数が押しても変わらないなどカウンターの不具合はありませんか?

スイッチやボタン、ボリュームなどの動作に不具合はありませんか?
真空管無線機 スイッチ 不具合
切替ができなかったり接触不良などはありませんか?

イヤホンでは聞けてもスピーカーからの音が出なかったり、音がおかしいことはありませんか?

古くて汚れていたりキズやヒビなどはありませんか?

変色や色あせ、表面の剥がれなどはありませんか?
真空管無線機 色褪せ 剥がれ

真空管無線機製品の買取対応製品

真空管無線機のことなら弊社までお問合せください!買取後の運送料は、弊社がお引き受けいたします。

八重洲無線

スマートなデザインが多い八重洲無線の製品を強化買取中!

FL-100B、FR-100B、FL-50、FR-50、FV-50、FL-50B、FR-50B、FT- 50、FTDX- 100、FLDX-400、FRDX-400、FTV-650、FT-400S、FTDX-400、SL-200、 SR-200、FT- 200、FT-200S、FT-401S、FTDX-401、FT-75、FT-75B、FT-75BS、FR- 101、FL-101、 FT-101、FT-101B、FT-101E、FT-101ES、FTV-250、FTV-650B、YP- 150、QTR-24、 RSL、FT-201、FT-501、FT-901DM、FT-902DM、FTV-901、YR-901、 YO-901、FT-101Z、 FT-101ZD、FT-102、FT-401Dなど

アイコム

日本初の可搬型機を開発したアイコム社の製品を宅配買取中!

IC-700T、IC-700R、IC-700T、IC-700Rなど

トリオ

シンプルな型番のトリノの真空管無線を買い取り中!

9R-42J、9R-4J、TX-88、9R-59、TX-88A、JR-60、SM-5、VFO-1、JR-200、 JR- 300S、TRH-1、TX-388S、9R-59D、TX-88D、TX-88DS、9R-59DS、TX-15S、TX- 20S、JR- 500S、TX-40S、TS-500、TS-510X、TS-510、HS-4、TX-310、JR-310、 TX-310、TX- 599、JR-599、TS-511、TS-511D、TS-311、TS-801、T-599、R-599、 TS-900、TS- 520X、TS-520D、TS-520、TS-520V、TS-520S、TV-502、AT-200、CO- 1303G、ダミーロード RDシリーズ、TS-820、SM-220、TS-530、TS-830など

松下電器産業

家電で有名な松下電器の真空管無線も高価買取り中!

RJX-1011など

新日本電気

CQ-110など

ユニデン

UNIDEN2020など

スター

SR-600、SR-500、SR-500X、SR-550、SR-700A、SR-700、ST-333、SR-200など

フロンティア

Super800GT、Super1200GT、DIGITAL-500Dなど

三和無線測定研究所

STM-406キット、SVO-405キットなど

DELICA

いたずらに華美な外観のみを追求することなく、内容の充実を先行させているDELICA製品!

ALL X-TAL Pro用ダブル・スーパー、MC-4、CS-6など

コリンズ

SSBを実用化、メカニカルチューニング装置のコリンズ製品さえも当店に売れます!

32S-3A、75S-3、75S-3C、KWM-2Aなど

ドレーク

2枚式真空管無線のドレーク製品も買い取り業務致しております。

4C Lineなど

上記以外の型式・製品・メーカーの真空管無線機でも買取出来る製品もございます。
査定は無料です!当社買取担当者まで、お電話にて気軽にご相談下さい!
真空管無線機とは?
真空管無線機

歴史
真空管無線機は無線通信機器の1つで、その名の通り真空管を利用して動作します。
真空管無線機を語る上で、「真空管」のお話しを外すことは出来ません、始まりは1884年トーマス・エジソンが発見し1904年にジョン・アンブローズ・フレミングが2極真空管を発明し、さらに3極真空管と呼ばれる物は1906年にリー・ド・フォレストが発明したと記録には残されております。
1960年代から次第にトランジスタの生産性向上により取って代わられるようになり1970年代には本格的な製造中止を進みました。
真空管は2013年当時の航空自衛隊所属の戦闘機等に未だに使用されている物もあり入手困難も相まって、順次半導体を使用した機器に置き変えられている、この事から真空管は非常に長い歴史を持つ物であります。
そして通信機器に採用されるようになったのは言うまでもありません。
余談ではありますがオーディオ関連の真空管は未だに新製品が出されている模様です。

特徴
昔から真空管は音に関しては評価が高く、オーディオに心酔するユーザーからは今なお熱望される方が後を絶えません。
一例を取ると真空管アンプが良い例であります、音を伝える音を聞くと言う観点から真空管無線機は他の通信機器とはひと味違った商品があるかもしれません。
さらにはパソコン同様自作が出来るというのも大きな特徴では無いかと思われます、ただ自作となるとパソコンも真空管無線機も同様に敷居が高いと思われますので、普通に出回っている物を手にとって頂くのが良いかと思われます。

求める人
この無線機はアマチュア無線の資格を保有し、趣味道楽で使われる方が多いでしょう。
業務においては真空管のものは恐らくないのではないかと思われます(トランジスタ・半導体等々主だと思われます)、やはり真空管ですので衝撃等にはお世辞にも強いとはいえない部分もあるでしょう。
ただ趣味の世界となると一部とはいえ需要は非常に高く、求める方は絶えなかと思われます。

当店の宅配買取の安心ポイント

お客様が安心して買取できるよう、様々なサービスを実施しています。

宅配買取の安心ポイント
  • 宅配買取なら日本全国対応
  • 事前に買取予定額を提示
  • 最短で即日入金
無線機買取ドットコム 無線機買取
高価買取のポイント

宅配買取の手順

簡単、3ステップで買取が完了します。まずはお気軽にお問合せ下さい。

宅配手順1
①査定依頼・買取依頼簡単無料買取査定フォームから売りたい商品についてお知らせ下さい。専門のスタッフが現在の相場などから適正金額を算出し、ご連絡します。
宅配手順2
②買取予定金額確認・梱包・発送金額にご納得いただいたら、商品と必要書類をお送りください。
※ご希望なら、宅配業者による集荷も可能です。
宅配手順3
③買取金額確定・お振込み実際の商品を検品させていただき、最終買取金額をご連絡します。最終買取金額をご了承なら、代金を送金いたします。